会社概要

バイナルの歴史HISTORY OF BINAL

これはスゴイ! 日本最古の特定業務システム

バイナルの前身である岡本商会は当時、マイコンと言われていた頃のSHARP PC-3200S、
NEC PC-6000、NEC PC-8800を使用して、輸出貿易業者様向けのInvoiceやPacking Listを自動作成するシステム開発からスタートしました。

すべてはここから始まりました。

昭和56年、57年頃の古い話です。我々は翌58年にはこのシステムにTOSSという称号を与えました。

当時のお客様のオフィスには、手動のガチャガチャと音の出るタイプライターしかありませんでした。そこにこのTOSSシステムが全国で爆発的に採用されていくようになったのです。

バイナルのTOSSシステムはまさしくマイコン、パソコンの急速な普及、発達と伴に歩んで参りました。と言いますか、TOSSシステムがマイコン、パソコンの普及、発達そして低価格化を加速させたと言っても過言ではありません。

TOSSシステムは業務ソフトウェアとして日本で最も古く、その後も40年間ずっとPCのパッケージソフトとして君臨し続けているソフトウェアは他にありません。

TOSSシステムは業務パッケージソフトとしては日本最古のシステムであり、今も開発、販売されているのは日本で唯一、バイナルのTOSSシステムだけなのです。
まさに、「PCの歴史はTOSSの歴史」なのです。
TOSSは日本で最初の業務パッケージシステムなのです。